新体操をやってみて気付いたこと。

新体操を始められる年齢

新体操は、スポーツの一種で、リボンやボールなどの手具を使いながら音楽に合わせて13メートル四方のフロアマット2面または1面を使い演技を行って芸術性を競う採点競技です。

主に女子新体操が美しさから人気がありますが男子新体操もあり、女子の場合には女性らしい柔軟性がある華麗な演技に特徴があり、男子には身体能力を活かした力強い演技に特徴があります。

なお、体操競技(器械体操)の床種目とは区別されています。

新体操を始められる年齢は特に定まっていませんが、経験がものを言う競技でもあり、12歳程度でトップレベルの選手の場合には6歳ぐらいからスタートしているとされます。

開始年齢が早い理由としては、すべての種目をマスターするのに10年はかかるためであり、また引退時期も20歳前後と早いためです。

ただしこれはオリンピックへの出場を目指すような人の場合であり、新体操を楽しむだけであれば始められる年齢は、10歳前後からでも遅くないようです。

ただし、女子・男子ともに柔軟性が求められるスポーツでもあり、始められる年齢は10代のうちである方が良いようです。

なお、新体操選手の引退時期に関しては開始が10代以下で早いため20歳前後で引退する選手が多いようです。

この理由は、新体操にはプロや実業団がないため社会人になった際にはサポートを受けることができないためです。

そのため最高でも大学を卒業する23歳までが一般的な引退時期となっているようです。

新着記事情報